ソリューション 無人陸上車両(Unmanned Grounded Vehicle[UGV])
 
 
 
UGVは、無人ロボット車両として知られ、その多くはソフトウェアによって制御されています。運転手不要で人件費削減に貢献できることに加え、利用者の利便性を向上する目的で開発・生産が行われています。高い汎用性で、交通機関や医療搬送、フォークリフト、探査用車両、中継用通信車両などへの採用、商業向けのものから科学、軍用と多くの分野で利用され、高い柔軟性と信頼性を持ったこのアプリケーションは人々の生活や作業、科学研究に高い利便性を与えています。

探索、判断、運搬を自動で行うUGVは、センサー装置や位置情報装置、動力制御、ナビゲーション・システム、電力制御、通信機器など様々なサブシステムを搭載しています。リモートセンシング、センサー、カメラ、運転用機器をシステムの“脳”と接続することによって、自動認識、分析、動作が可能にし、効率的な動作と高い安全性を実現しています。StackRackは、広い見識を持ってプラットフォームにおける機能統合に勤め、映像プロセスと運転における完全な無人操縦プラットフォームの構築と、様々な状況下や環境下でも動作を可能にする高い耐環境性能と幅広い分野での利用が可能な高い汎用性をソリューションとして提供しています。
 
UGVは幅広い分野への適用が可能なアプリケーションですが、利用状況や環境によって最適な機器構成とシステムの構築が重視されます。現在、UGVの利用が最も活発なフォークリフトなどの無人荷役自動車、シャトルバス、軍用戦術車両(MUTT)の三分野で、利用状況の違いからそれぞれ異なるシステムで構成されています。各無人車両適用例は、以下のソリューションをご覧ください。